2012年09月29日

「スマイレージ ライブツアー2012秋 〜ちょいカワ番長〜」に行ってきました

星9月23日、「スマイレージ ライブツアー2012秋 〜ちょいカワ番長〜」初日公演に行ってきました
1年ぶりのスマイレージツアー
春にライブサイズのアルバムイベントはありましたが、やはりツアーとは違います
そのアルバムイベントで発表があってから、本当に心待ちにしていました

ツアースタート1週間ほど前から、Youtube公式サイトに様々な動画がアップされ、心を掻き乱されたファンもいたと思います
私は、、、まったく平常心でいられたわけではありません
でも、それ以上にとにかく楽しみな気持ちでいっぱいでした
そんな思いで臨んだ公演の観戦レポートです
ちなみに、2公演とも参戦しました


星会場へ

会場は、御堂会館
行った記憶はあるけど最近ではない。。。
いつだろう?と思って遡ったら、一昨年暮れのスマイレージFCイベント「Mega Bank Vol.3」でした
同じスマイレージだったか、、、と言っても、メンバーは入れ替わってますが

さて、地元では生憎の雨でしたが、大阪に着いたら止んでいたので良かったです
開場時間(14時)の1時間ほど前に会場に到着すると、グッズ待ち列が建物の外に約60人ほど出来ていたので、そのまま並びました
建物の中に入ったらすぐかなと思ったら大間違いで、中に入って3階までの階段にびっしりと列が出来ていました
結局買えたのは、並び始めてから約80分後で、結局1回目の開場時間をだいぶ過ぎていました
考えてみれば、初日なんだから当然と言えば当然のことですね。。。

それでも、何とか希望のグッズを購入(グッズはこちら)
今回初めてソロセットを購入しました
もちろん、めいめいのソロセット
ついでに言うと、マイクロファイバータオルも、マフラータオルも買ったの初めてです
その他には、DVDマガジン、ビジュアルブック、そしてそれらを入れるためのツアーバッグを購入しました

あと、会場限定のガチャガチャも5回やり、ランダムで入っている当たりが2回出ました
当たりにはメンバーの名前が書いてあり、そのメンバーの限定生写真が貰えます
私は、めいめいりなぷーが当たりました


星〜開場〜開演

1回目は上記の事情で20分遅れで入場、2回目は入場列のほぼ先頭付近で即入場しました
中でももちろんグッズ販売が行われていますが、グッズ展示スペースには最近のハロプロライブ恒例のモニタが設置されていました
確か、この公演のグッズ紹介動画はなかったよなあ、と思っていたら、流れていたのは9月12日配信の「生スマ」でした
ああ、確かにグッズ紹介とかやってたなあ
あと、1回目はあまりしっかり見ていませんでしたが、2回目の時には日替わり生写真全員分と、かななんのソロセットが売り切れていました
地元・かななんの面目躍如ですね
ところで、展示されてあるマイクロファイバータオルには、メンバーのメッセージが書かれているのですが、その中のかにょんのメッセージ
シンデレラ卒業
つんく♂Pに言われたことではありますが、本人的にはどうなんでしょうねえ

ホール内に入って自分の席へ
1回目は5列目中央付近、2回目は7列目上手側とまずまずな席位置
ただ、前の方はマナーを意に介さないろくでもない連中に邪魔をされる可能性も結構あり、ちょっと心配していました
でも、今回はそんな心配は不要でした
ここ最近、ハロプロのライブ・イベント会場では、迷惑サイリウム類の使用禁止を明確に打ち出しており、今回もそういうものはほぼ見ることはありませんでした
いわゆるマサイもほぼ見かけず、迷惑な連中を出入り禁止にしたという話もあり、かなりいい雰囲気の現場になっていました
本当に良い傾向だと思います

ステージは、後方3分の1ほどが階段3段分高くなっている緩い2段構成
セットの飾りつけはシンプルで、前方床には大きな丸いスマイレージロゴあり
そして、中央にスクリーンが1基あり
そのスクリーンでは、開演待ち時にハロプロ各グループの最新シングル・アルバムのCMが流れており、しばらくすると恒例の「愛は勝つ」も流れました
ちなみに、この日の翌日(9月24日)がKANさんの50歳の誕生日だそうです

さて、事前に告知(こちら)されていた通り、開演約10分前に担当メンバーによる影アナあり
1回目の番長はかにょんで、副番長がりなぷー
記念すべき初回公演の影アナを務めるかにょんは気合い全開
ツアータイトルに沿って、不良学生っぽい口調でライブの諸注意や禁止事項を読み上げていました
一方のりなぷーはほぼいつも通りのほんわかさでした(笑)
2回目の番長は地元ということで譲ってもらったかななん、副番長がかにょん
かにょんは「中西先輩!着いていきます!」といい感じ
一方、かななんは言葉の意味をよく分からず紙を読んでいる感じで、かなりグダグダ
でも、ちょくちょく出る関西弁のイントネーションが、何とも可愛くて癒されるんですよね

無事?影アナも終わり、いよいよ開演


※各メンバーの呼び名は、こちらをご覧下さい

ここからは、続きを読む...からご覧下さい星公演
今回のツアーでは、ハロプロ研修生がチャレンジアクト及びバックダンサーとして参加しています
その参加メンバーは、以下の通り
(当初予定されていた小田さくらさんは、モーニング娘。11期メンバーとなったため出演がなくなりました)

宮本佳林(かりん)、田辺奈菜美(ななみん)、浜浦彩乃(はまちゃん)、田口夏実(たぐっち)、大塚愛菜(つかぽん)

では、セットリストに沿って


01.私、ちょいとカワイイ裏番長(BD:ハロプロ研修生)
02.同じ時給で働く友達の美人ママ(BD:ハロプロ研修生)

BGMと共に、スマイレージメンバーが登場
衣装は、グッズのマイクロファイバータオル(こちら)の黒い革っぽいテカテカ衣装
そして、記念すべきツアー1曲目は既報の通り、来年発売予定のアルバム収録予定曲「私 ちょいとカワイイ裏番長
(来年発売予定のアルバム収録予定と、ライブ中では言ってましたが、実際は11月28日発売のニューシングル「寒いね。」のカップリングだそうです)
とにかく、これはめっちゃノリが良くて格好良くて、まさにちょいカワ番長
Aメロ辺りは松浦亜弥さんの「奇跡の香りダンス。」や美勇伝の「恋するハートエンジェルハート」を彷彿とさせます
間奏部分の「ちょいカワ ちょいカワ」の掛け声などは、スクリーンにテロップが出て初めてでも簡単に乗ることが出来ます
メンバーのダンスも握り拳やがに股など、番長テイスト満載
開演からわずか数分足らずで、早くも会場中が1つになりました
ちなみに、ハロプロ研修生は途中からバックダンサーとして登場
こちらは、学ラン風衣装
ひょっとしたら、真野ちゃんのライブで使った衣装か?と思いました(笑)

続いて2曲目に早くも「同じ時給で働く友達の美人ママ」キター!
イントロでのあやちょのハニーボイスによる「スマイレージ、行きまーす!」がマジ高まります
フルサイズでないのが、ちょいと残念かな
間奏のセリフは、前半めいめいで、後半はかにょん
後半セリフ部の他のメンバーの振りは、最初のシンバルに戻ってました

曲終了後に、全員退場
いやー、挨拶代わりの2曲で早くもテンション最高潮になりました


<オープニングVTR>

BGMは、「シューティングスター」をコミカル風にアレンジしたもの
VTRも、紙芝居というか切り絵風でコミカルタッチ
メンバーが年下から順に紹介されていく、最後に恒例の「PRODUCE BY つんく♂」の文字
すると、その右下につんく♂Pの似顔絵が登場して客席から苦笑いが起こりました(笑)
なお、ハロプロ研修生はまったく登場せず
最初からそういう扱いなのか、VTRを作ってから出演が決まったため間に合わなかったのか。。。
まあ、内容的には作り変える余裕はありそうなので、前者だとは思います


03.好きよ、純情反抗期。
04.プリーズ ミニスカ ポストウーマン!

スマイレージメンバーのみ再登場
衣装は「好きよ、純情反抗期。」のジャケ写のピンクバージョンといった感じ
そして、曲ももちろん「好きよ、純情反抗期。
何度聴いても格好良さは健在
めいめいはますます歌に磨きがかかっていました
かにょんは本当に大人っぽく、色っぽくなったなあ
そして、ちゃんとフルサイズだったことで、自分的見どころの1つである2番のかななんのソロパートも聴くことが出来たのも良かったな
セクシー↑を目指す彼女の大きな見せ場だしね

次の「プリーズ ミニスカ ポストウーマン!」は、1回目はちょっとびっくり
まあ、初めてで予想出来ないから当然かも知れませんが
前の曲と打って変わって可愛さ全開、メンバーも表情とかしっかりと変えてきてます
サビの振付がやっぱり可愛くて、結構近めで観ててやばくなりました
めいめい超可愛い!とか思いながら観てると、結局全員可愛いと思ってるっていうね(笑)


<MC(挨拶・自己紹介)>

そのまま挨拶と自己紹介
でも、ツアータイトル通り、ちょいカワ番長風に
要は、不良学生な口調ですね
のっけから、かにょん大阪上等!御堂会館上等!
さらに、あやちょが「うちら、ハロプロで裏番張ってるんでぇ」とかかましてから、いつもと違う感じで自己紹介へ
若干うろ覚えはご容赦
かななん
1回目では、「部屋がぐちゃぐちゃになってるが、今日はみんなの心をぐちゃぐちゃにするでぇ」みたいなこと言ってました
2回目は、「今日食い倒れ人形をシメてきました。硬かったけどやってやったぜ
すかさず、かにょんが「シメろ、シメろ」とガヤを入れてました(笑)
めいめい
1回目、髪の毛の先を巻いたんだけど、道具のコテを右耳に当てて熱っ!ってなったらしい
多分じっとしてられないんだろうなあ(笑)
熱っ!」ってなってるめいめいを想像するだけで萌えます
2回目も似たようなネタを話そうとして、ちょっと度忘れして必死に思い出そうとするめいめいキャワあああ
隣りにいたかにょんが優しく肩を撫でてあげてたのが印象的でした
タケちゃん
確か2回目、この日は朝3時に目が覚めて、寝てまた目が覚めたら4時で、次は5時で、、、と1時間置きに目覚めたせいで若干寝不足気味だとか
でも、今(ライブ中)はバッチリって、当たり前(笑)
そして問題のりなぷー
そう、つんく♂Pから出された課題(こちら)の一発ギャグです
なんだかんだでファンも注目する中、さっそく1回目公演で披露した一発ギャグは、、、(細部うろ覚えです)
りなぷー、りなぷー、あっぷっぷー。ついでにも1つ、おならぷっぷー。さらに最後に、馬場チョップー!(馬場のしゃべり方とチョップの真似付で)
のはずが、最後のところで手前にあったスピーカに躓いてしまいました
それで、とりあえず客席から笑いが起こりはしましたが、肝心の一発ギャグは、、、
すかさずかにょんが「このくらいにしておいてやんな」とフォローしてました(笑)
で、2回目は変えてくるかと思ったら、まさかの1回目とまったく同じ内容
今度こそ、会場中が凍りつきました(笑)
次の公演はどうするかは、乞うご期待、、、かな?(笑)
かにょん
1回目では、最近おかめ納豆(のキャラ?)に似ていると言われたので、3日連続で納豆を食べてやったそうです(笑)
2回目は、ツアーをすると普通は体重が減るはずなのに、昨年の秋ツアーでは太ってしまったので、今回は1回目公演後にはブロッコリーだけ食べたという話
さらに、ブロッコリーの色に合わせて緑色のファンを自分のものにしたいとの発言
一瞬ドキッとする緑色のファンである私(笑)
洒落にならんので、是非やめてもらいたい(笑)
ちなみに、やはりと言うか、シンデレラについては一切言及はありませんでした
あやちょ
どちらの回も「あやちょブラボー」をやってました
2回目では、「今日は、行きに田村芽実怪獣をやっつけてきました!
かにょんに続いての発言なので、めいめい
なんでめいばっかり!」と嘆いていました(笑)


05.天真爛漫
06.大人の途中

事前の告知にあった、来年発売予定のアルバム曲をここで披露
両方ともスクリーンに歌詞が映し出されていました

まず1曲目の「天真爛漫」は明るくポップな曲
恋する女の子の気持ちを可愛らしく歌っていますが、サビなどに「地球」や「宇宙」と言った言葉が出てくるのは、つんく♂Pらしさでしょう
Aメロとサビに全員にソロパートあり、Bメロとサビの一部はユニゾン
サビの振付は簡単ですぐ振り真似出来ました

2曲目「大人の途中」は、ガラッと変わってユーロビート調でダンサブルな格好良い曲
振付は間奏などにパラパラが取り入れられています
歌詞もタイトルから想像される通り、背伸びをしている女の子の戸惑い揺れる心を歌っています
とにかく、サビが格好良かったです

かななんは新曲で大変だったと思いますが、よくやってたと思います


07.チャンス到来!
08.こんにちは こんばんは

ここで最近のシングルのカップリングを2曲
チャンス到来!」はAメロ部分が面白いですね
これは多分シングルイベントとかでやったことあると思いますが、なんか久しぶりで新鮮な感じがしました

久しぶりと言えば、次の「こんにちは こんばんは」もかな?
でも、これもどこかでやった記憶はあります
この曲のポイントはBメロのかななんのソロかな
語尾でわざと音を外す歌い方が、めっちゃ可愛い

曲が終わると、メンバーは退場
さて、この2曲は嬉しかったですが、今後はアルバム新曲と入れ替わりそうな気はします


<MC(研修生自己紹介)>
09.かっちょ良い歌/ハロプロ研修生

スマイレージメンバーと入れ替わりでハロプロ研修生のみが登場
衣装は薄い緑系のシンプルなワンピースだったかな
進行は主にかりんが担当
決められたお題に沿ったことを言ってから、自己紹介へ
結構記憶があいまいなので、覚えている部分のみ

1回目は「最近怒られたこと
1番手のかりん飼い猫が可愛くて、触ってばかりいたら、お母さんに触り過ぎないように言われて、がっかりん
噂に違わないキャラだ(笑)
ぶりっ子を完ぺきに演じているプロという感じ
素らしいという話もありますが、何となくももちのことを思い出してしまいました(笑)
とにかく、印象が強すぎて他のメンバーの自己紹介がほとんど記憶に残りませんでしたね

2回目は「大阪と言えば?
1番手のかりんは「阪神タイガーズ!カッキーン!」とエアバットでホームラン
この娘は印象を残す術を心得ているとしか言えないな
続いてつかぽんは、「飴をくれるお姉さまがた
オバちゃん」と言わなかったところがツボでした

見た目的な感想は、かりんは常に可愛いビームを発している感じ
つかぽん真野ちゃんのライブで観た時と印象がちょっと違って、より可愛くなっていたような気がします
はまちゃんたぐっちは、さすがに子供子供過ぎますね
可愛いのは可愛いんですが、さすがは2000年代生まれと言ったところでしょうか
ななみんは、、、デカい(笑)
そして、やっぱりとにかく可愛いんだな、うん

さて、自己紹介も終わり、いよいよ事前に告知があった新曲を披露か!と思ったら、まさかの「かっちょ良い歌
なるほど、やはり複数曲披露するんだな
実は、ハロプロ研修生のみでのパフォーマンスって初めて観たんですが、予想以上にしっかりとしたパフォーマンスでした
でも、よくよく考えればこの曲も何度もやってるだろうし、発表会でそこそこ場数を踏んでいるから当然かも知れません
はまちゃんたぐっちも小さい体をいっぱいに使ってダンスと煽りをしてました
そして、何と言っても強烈だったのは、やはりかりん
キレキレのダンスに、客席のスマイレージファンを挑発するかのような煽り
一発かましてやる気満々という感じでした
ただ、凄いと思ったと同時にいろいろなことも考えましたが、それは最後のまとめで書きたいと思います

そうだ、1つちょっとした問題がありました
それは、サイリウムをどうするかということ
実はハロプロ研修生のメンバーカラーを知らないんです(そもそも公式であるんだろうか?)
で、どうしたかと言うと、事前にちょっとネットで調べた結果、黄色いサイリウムにしました
何故かというと、どうやらななみん黄色が慣例らしいからです
ただ、サイリウムはこの色にしましたが、なるべく全員のパフォーマンスを観るようにしました
もっとも、結局ななみんと無理やり(笑)意識に入ってくるかりんを観る割合が多くなってしまいましたが

続けて新曲を歌うのかと思いきや、1曲だけで退場していきました


<MC(ちょいカワエピソード)>

今回のライブで唯一のMCコーナー
スマイレージメンバーが、制服姿で登場
あやちょかにょんの高3組は紺色のブレザー、かななんタケちゃんの中3組は白か薄黄色のカーディガン、そしてりなぷーめいめいの中2組がチェックのジャンパースカートと分かれていました
進行はかにょんで、ランダムに1人ずつ指名
指名されたメンバーは最近身の回りにあったちょいカワなエピソードを話していきます
残ったメンバーは、BGMに合わせて腰を屈め気味に両手を左右に動かしながらサイドステップ、表情も笑顔を消していて、ちょっとコントっぽいノリ
どこかで見たことあるなと思ったら、プッチモニの「ぴったりしたいクリスマス」のAメロとほぼ同じでした
ちょいカワエピソードは、最後にBGMが途切れたタイミングでオチというか決めの一言を叫び、「ちょいカワ!」とポーズを決めます
正直、一体どこがちょいカワなのか分からない話もありましたけどね
ポーズが決まった後は、そのエピソードについて全員でフリートーク
でも、時間が掛かるか、もしくは収拾がつかなくなると、スタッフがBGMを流して強制終了
その場合は、どんなに話を続けたくても黙って全員上記の動作に戻ります
さて、ここもやはりうろ覚えで、全員分覚えておらず発言順もあやふやですが、ご容赦

【1回目】
りなぷー
UFOキャッチャーをやったら、2回(200円)で4個も取れたエピソード
これに対して、隣りにいためいめいは全然取れないといつものようにぴょんぴょん飛び跳ねながらアピールしている姿が可愛かったです
それに対して、しょうがないよみたいにりなぷーが軽くあしらっているのも面白かったです
生スマとかでも、うるさいめいめいりなぷーが軽く流すパターンってよく見るなあ(笑)
タケちゃん
宿題が出来ずに、両親に教えてもらうも内容が理解出来ず、兄に教えてもらってようやく理解出来たとのこと
その兄からは「バカ過ぎてもう教えん!」と宣告されたらしい
本人は結構勉強出来ると主張するも、他のメンバーから全力で否定されていました(笑)
あやちょ
いつもはミニスカート衣装なので、たまにはズボンを履きたいとのこと
これにはすかさず会場中が大エーイング(含自分)
せっかく素晴らしい武器があるのに、使わないでどうするんだ!(笑)
まあ、シングルだとキャンペーン中ずっとになるのでちょっとと思うけど、ライブ中の1場面ならいいかもね
かにょん
部屋が超汚くて、見かねた母親が片付けたんですが、その母親から
空のペットボトルが50本も出てきたわよ!
と怒られたらしい
50本て(笑)
さらに、自分で掃除をした時には見たこともない虫が出てきたり、あまりに汚くて専門の業者を呼んだとか、アイドルとは思えないエピソードが次から次へと出てきて、、、
当然会場中から、超特大エーイング
かにょんは慌てて、面白くするために(話を)盛ったと言い訳しますが、、、盛る方向間違ってると思う(笑)
かななんめいめいはちょっと忘れてしまいました
でも、めいめいは、何かでみんなから責められて言い訳しようとしたところにBGMが流れ始めて強制終了
不満顔でサイドステップに徹するめいめいが面白く、可愛かったです

【2回目】
こっちもめいめい忘れた。。。orz
タケちゃん
先日おじいちゃんとボウリングに行き、140点台を出したそうです
このくらいの年の女の子としては、結構良い成績なのかな
さらに、アイドル界ナンバー1アスリートを目指すと宣言し、
待ってろよ!矢島舞美!
まさかの挑戦状(笑)
やるな、タケちゃん
りなぷー
折り紙の鶴を折っていたら、友達が折り終えた鶴に話しかけたりしていたというエピソード
。。。なんですが、その場にいた誰も(メンバーも含めて)オチが分からずエーイング
再度説明をしましたが、多分オチがなかった?
これは、くまくまトークならぬ、りなりなトークでしょうか?(笑)
あやちょ
ダンスのターンが上手く止まれなくてコテッとなっちゃうんです。でもそれは、みんなへの愛が止まらないからだよ
で、決めポーズ「ちょいカワ!」がまた可愛い
これには、当然会場中大歓声なわけですよ
すると、すかさず「ずるい」と突っ込みを入れるかにょん(笑)
さらにはタケちゃん
何やっても可愛いから
うーん、2人の気持ちはよく分かる
でも、タケちゃんの顔はにやけていましたね(笑)
かにょん
電車に乗っていて母親と喧嘩になった時の話
母親に「みんな見てるわよ、みっともないからやめなさい」と言われたかにょんは、
虐待されるー!
と叫んだらしい(笑)
もちろん、会場中大エーイング
ちなみに、直後に母親に「後で、覚えてなさい(怒)」と凄まれたそうです
結局かにょんは1回目も2回目も母親との話でしたね
かななん
進行のかにょんが敢えて2回目はかななんをラストにしたっぽい
そのかななんは、ちょっと恥ずかしいことを叫ぶと言って、
みんな、めっちゃ好きやでえ〜
会場中大歓声
かななんが何か言おうとしたところに、タケちゃん
方言いいなあ、私も方言が欲しい
これに対してかにょんから
竹内はいつも人の話に被せてくるから、話が聞こえないんだよ!
中々痛い指摘だったらしいタケちゃんは、軽くすみませんのポーズ
かにょんに苛められる、いや弄られる時のタケちゃんは何か可愛いね


10.君は自転車 私は電車で帰宅
11.自転車チリリン
12.黄色い自転車とサンドウィッチ

制服姿で歌うのは、自転車三部作
まずは、最新シングルのカップリングで℃-uteのカバー「君は自転車 私は電車で帰宅
ステージ後方部分にそれぞれ腰かけての歌唱
かにょんの情感たっぷりの歌声が心に沁みます
そして、いつもはパワフルなタケちゃんも柔らかく歌ってます
本家℃-uteとどちらがいいかは、まあ、好み次第でしょうね
ただ、スマイレージの方が、若くて軽やかかなと思います
なおスクリーンには、カメラによるメンバーのライブ映像をバックにして、影絵風に電車に離されていく自転車の絵が流れていました

続いて「自転車チリリン
こちらはいつものお芝居風の振り付け
今更だけど、Bメロの歌詞に合わせてみんないろいろ振り付けというか演技?してるんだなあと気づきました
ただ、ハーフサイズなのはちょっと残念
そして、ラストのアウトロがまだかなり残っているところで、メンバーがいそいそと退場
んっ?何だ?衣装チェンジか?
と思っていたら、、、

アウトロが終わる前に、衣装はそのままでメンバーが再登場
手には、スタンドマイクに自転車のハンドル部分が取り付けられたもの
そのハンドルの色は黄色
となれば、次の曲は容易に想像が付きますね、そう「黄色い自転車とサンドウィッチ
この曲はベストアルバム収録曲で、そのアルバム発売イベントライブで披露したんですが、若干ファンが乗り切れていなかったような覚え
なので、どうなんだと思ったら、今回はなかなかいい感じ
レッツゴー」のところとかね
基本的にはハンドルを握りながらのスタンドマイクなので、前回のような面白い振り付けはなかったんですが、今回みたいな感じでもいいかなと思いました
曲の最後は、メンバー自らスタンドマイクを持ってランニングで退場
と思ったら、一番最後のかななんだけステージ端に留まり、
チリリン」と言ってから、あらためて退場
地元大阪だからかも知れませんが、並び的にはかななん固定なのかな
可愛い雰囲気で良い演出でしたね

ところで、制服衣装なので「学級委員長」あるかなと思ったけどありませんでしたね


13.彼女になりたいっ!!!/ハロプロ研修生

再びハロプロ研修生が登場、衣装は同じだったかな
そして、ついにここで新曲「彼女になりたいっ!!!」を披露
とにかく、ノリが良くて可愛い曲で、何となくカントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)の「浮気なハニーパイ」ぽいなと思いました
天然なドジッ娘が可愛くアピールする歌詞ですが、「イチゴのベッド」とか「お肌プルプル」とか、そんなのが満載
それを、スマイレージよりもさらに若く黄色い声で、元気いっぱいに歌い踊っているのだから、、、
地元で発表会あったら、絶対観に行きたくなるわな、これは(笑)
そして、ななみんはやっぱり可愛い(笑)
一方、かりんは誰よりも大きくキレキレの動きと、凄まじい客席煽りの嵐
、、、なんですが、この曲ではちょっとなあ、、、まあ、後で書きます
曲が終了すると、次のメドレーの曲振りして退場


14.ちょいカワ カバー曲メドレー
  【1回目】
  14-1.手を握って歩きたい
  14-2.涙が止まらない放課後/中西
  14-3.ちょこっとLOVE
  14-4.元気ピカッピカッ!/竹内
  14-5.ブギートレイン'11
  14-6.涙GIRL
  【2回目】
  14-1.恋人は心の応援団
  14-2.歩いてる/勝田
  14-3.チュッ 夏パーティ
  14-4.大阪恋の歌/田村
  14-5.ブギートレイン'11
  14-6.涙GIRL


まさかのカバー曲のみでのメドレー
しかも、メドレーの間に各ソロを入れるという斬新な構成
メンバーソロ以外のカバー曲は、今までのシングルのカップリングに入っている楽曲のみでした
衣装は、白いプードルっぽいもこもこした衣装
多分次の衣装を中に着込んでます
尻尾も付いており、時々振り回したりしてました

【1回目】
まずは「手を握って歩きたい」でスタート
で、次の曲「涙が止まらない放課後」の冒頭をかななんが担当して、おおっ!となったと思ったら、、、
他のメンバーが後ろに下がって段差に各々座って待機し、まさかのかななんソロ!
これは、やられましたね
掛け値なしに心が震えました
正直、たどたどしく不安定な歌唱ではあったけど、それが逆にこの曲にマッチしてるというか、何というか。。。
以前の愛佳のソロ曲といい、本当にかななんにぴったりな曲持ってくるなあ
残りのメンバーが再び前に出てきて「ちょこっとLOVE
曲と曲の繋ぎは、ここだけじゃなく中々上手かったと思います
次はタケちゃんを残して全員退場したので、すぐソロだと分かりました
そのソロ曲はまたモーニング娘。の「元気ピカッピカッ!
タケちゃんの普段のキャラにぴったりの楽曲
そして、さすがに歌唱力で堂々としたパフォーマンスを披露
ところで、かななんのソロと共にモーニング娘。の春ツアーで9・10期が披露した楽曲ですが、たまたまなのか、それとも敢えてなのでしょうか。。。
曲の終わりの方でメンバーが再登場して、そのまま次の「ブギートレイン'11
前から思ってたけど、かにょんミキティーの曲との相性が凄くいいなとあらためて思いました
メドレーラストは、もう1曲ミキティーの「涙GIRL
間奏部分でのめいめいの巻き舌での「ルルルル〜ワオ!」が超格好良い
ダンスはフリーっぽい感じで、メンバー同士でよくアイコンタクトをしていて、とてもいい雰囲気
元々の楽曲が良いこともあって、素晴らしい盛り上がりでメドレーを締めましたね

【2回目】
ソロの回替わりは予想していましたが、他の部分も替えるとは思いませんでした
なので、「恋人は心の応援団」の出だしの驚きと盛り上がりは半端なかったですね
この歌はとにかく可愛くてスマイレージにぴったりだなと思います
曲終わりに後方高い部分にメンバーが並び、次の曲のイントロと共に一歩前に出たのはりなぷー
歌うはモーニング娘。の「歩いてる
りなぷーはそのままステージ前方センターへ行き、他のメンバーは後方で並んだままリズムを取りながら軽い振り付け
それにしても、またいい選曲してくるなあ
りなぷーは以前もモーニング娘。の「線香花火」をソロで歌ったけど、ダンスをあまり気にせずにゆったりな曲が本当に良く合う
癒し効果抜群でした
他のメンバーが前に出てきて、ガラッと変わって「チュッ 夏パーティ
サビに行く前のお尻プリッは控えめでしたが、ラストサビ終わりのみんなのキス顔はおいしく頂きました(笑)
でも、当然めいめいを中心に観てたんですが、脳裏にあやちょが飛び込んできました。。。
可愛過ぎる
またまた、ガラッと変わってめいめいを残してメンバーは退場
いったい何を歌うんだろうと思ったら、まさかの「大阪恋の歌
これは、この日一番の衝撃でした
一瞬何故この曲?という疑問が沸きましたが、すぐに吹き飛びましたね
普段のめいめいのキャラから明らかに逸脱していながら、それでいてこれこそ歌手・田村芽実の本領なんだと納得しました
確かに歌が上手くなったと思っていましたが、その認識をはるかに飛び越えており、雰囲気の作り方など、これで若干13歳なのかと思いました
今後も歌唱力を遺憾なく発揮出来る曲にチャレンジしていって欲しいなと思いました
再びメンバーが登場し、残り2曲は1回目と同じ構成
最後は「サンキュー」とちょいカワ番長風に決めて、あやちょかにょんが残って、2期メンバーのみ退場


<MC>
15.ドットビキニ
16.タチアガール
17.有頂天LOVE(BD:ハロプロ研修生)

あやちょかにょんだけ残ったので、これはモーニング娘。のライブでの6期のMCコーナーみたいなのか?と思ったら、違いました
ちょっとした会場煽りをして、衣装チェンジした2期メンバーと交代
衣装は超高露出のビキニ風、上は肩ひもがない形状でひらひらがついており、下はホットパンツ
1回目とか5列目という位置でも十分にドキドキさせるもので、出てきた時に多分顔が思いっきりにやけたと思います(笑)
イントロと共に、めいめいの煽りで始まったのは、衣装にぴったりの「ドットビキニ
イントロの間にあやちょかにょんも同じ衣装で合流しました
Bメロの「もういいかい」は、スクリーンでも煽りテロップが入っており、しっかりと定番化してましたね
ただ、ハーフサイズで2番の「あのね」がなかったのは残念

続いては、2期メンバー思い出の楽曲「タチアガール
フォーメーションは初期2人が前列、2期が後方高い部分の後列で、ダンスもオリジナルに近いもの
でも、めいめいタケちゃんにはパートが割り振られていました
会場はもちろん、自分も盛り上がっていましたが、心の中で1年前のツアーはこの曲から始まったんだよなあという思いが過ったりもしましたね

さらに畳み掛けるように定番の盛り上がり曲「有頂天LOVE」へ
ここで、確かハロプロ研修生がバックダンサーで登場したと思います
定番だけど、やっぱり欠かせないですねこの曲は


<MC>
18.チョトマテクダサイ!(BD:ハロプロ研修生)

次が最後の曲です」「えーーーーっ!
このやり取りは、多分スマイレージライブとしては初めてじゃないかな
とりあえず、あれっ?これで終わり?ということにはならずに済みました(笑)

本編ラストは何を持ってくるかと思ったら、「チョトマテクダサイ!
この曲は夏ハロコンでもラストに持ってきていたので、結構ありだなと思います
そして、今回あらためて思ったのは、自分はこの曲かなり好きだということ
もう、超ノリノリだったのが自分で分かるくらい(笑)
めいめいの見栄ポーズとか、頭振りとか格好面白い
とにかく、超盛り上がって本編終了、みんなは手を振って退場


<アンコール>

1回目は「かななん」コールと「スマイレージ」コールが混じった感じになっていました
2回目は綺麗に「かななん」コールで統一
この微妙な感じはメンバーにも伝わっていたらしく、かななんもブログでそういう表現をしていました(こちら)
私は、両方とも「かななん」コールをして、青色のサイリウムを振っていました(水色がなかったので。。。)
しばらくして、スマイレージメンバーのみ登場
なお、暗い中スタッフがステージに出てきて前方に何かを置いていきました
おそらく、タオルだろうと思っていましたが、結局その通りでした


19.夢見る 15歳

アンコール明けは「夢見る 15歳
衣装は、上はツアーTシャツを個々にアレンジしたもの、下は黒白ツートンカラーの開いたミニスカートで、頭には赤っぽいベレー帽?を付けていました
かにょんの歌が凄く印象的でした
ところで、次の横浜公演からは新曲「寒いね。」が披露されますが、ここが入れ替わるんじゃないかと予想しています
まあ、入れ替えずに増やすのかも知れませんが


<MC>

進行のかにょんは、1回目は「アンコールありがとうございます」だったのに対して、2回目は「かななんコールありがとうごじます」と言っていました
やっぱり、1回目は聞こえ方が微妙だったんだろうなあ
ここから、1人ずつ感想と挨拶

りなぷー
1回目はあっさりでしたが、2回目が面白かったです
ソロ曲の時に、黄色いサイリウムが増えて嬉しかったです。
でも、曲が終わったら、みんなすーっと下げてしまってちょっと悲しかったです。
これからは、私のソロが終わっても、そのまま黄色いサイリウムを挙げていて下さい!

やばい、バレてる(笑)
こめん、りなぷー
めいめい
1回目も2回目も今の気持ちを体で表現
1回目は、何か妙な、タコみたいな変な動き
2回目は、℃-uteの何かの曲の振り付けを真似て、格好良く決めようとしたとのこと
タケちゃん
両方とも汗を掻いたと思うのでタオルを買ってちゃんと拭いて帰って下さいという内容
ただ、ここで、
竹内朱莉のタオルを買って〜
とやったらどうしようというファンの微妙な雰囲気が出来ていたような。。。
もし、本当に言ったら、えりぽんのようにエーイングが起こるのだろうか。。。(笑)
かななん
地元で出来たことに感謝、後ろの人、前の人楽しかったですか?
2回目は、
大阪、めっちゃ好きやでええ!
かにょん
1回目
事前の動画にもあったように、チケットが売れていないことに対するプレッシャーを吐露
次第に気持ちが高まってきたのか、いつの間にか涙混じりの声に
客席から声援が掛かる中、それに助けられたかのように気持ちを振り絞るかにょん
凄く心配だったけど、たくさんの方がこの御堂会館に来てくれて、ステージに立ったらみなさんが笑顔で待っていてくれて、本当に嬉しかった
心からの感謝の気持ちを述べるかにょんだけど、これだけでは終わらなかった
でも、私は御堂会館では満足はしていなくて、いつかはもっと大きなホールも即完売出来るようになってみせるので、これからも応援して下さい!
過去があって、現状があって、そして未来に目を向ける
もう、なんかね、、、とにかくこの場にいてかにょんの言葉を聴けたことは、どういう言葉にも言い表せないです
2回目は元気に楽しめに
つんく♂Pに出された課題である、セクシーを目指して頑張ったとのこと
その甲斐があって、みんなの目がハートになってたというと、お約束の大エーイング
でも、エーイングしてる他メンバーヲタもきっと、目がハートになっていたと思いますよ、私みたいにね(笑)
あやちょ
1回目はかにょんの挨拶を受けて、自分も不安だったとのこと
でも、「たくさんのお客さんが観に来てくれてありがとうございます
また、今後アルバム曲が増えていくことを、あらためて告知
そして、最後には、「あやちょ」「ブラボー」で締め
2回目は、最後の1回に「スマイレージ」「ブラボー」を入れました


20.スキちゃん(BD:ハロプロ研修生)

最後はハロプロ研修生も登場して、やっぱりこの曲「スキちゃん
ステージ前方から物販のソロマフラータオルを拾ってスタート
私もサイリウムから首に巻いていためいめいマフラータオルに持ち替えました
ちなみに、バックダンサーのハロプロ研修生は謎のオレンジ色のタオル
これも物販ラインナップに入れれば、そこそこ売れるんじゃないかなあ
さて、そろそろ「スキちゃん」で締めるのやめた方が、、、なんて声もありますが、現場で掛かったら乗るにきまってます!
Bメロは、オーイング派と手拍子派といて私は手拍子派なんですが、最近徐々に手拍子派が増えてきた気がします
自分的にはいい傾向だと思います
そして、恒例の間奏始めのメンバーコールは、スクリーンにちゃんと名前が出ていました
気になったのは、「タケちゃん」ではなく「たけちゃん」なこと
って、大したことではないんですけどね
それより、6人分終わって残り2回は何もスクリーンに何も表示されないので、どうするのか戸惑いますね
私は、歌詞通りに「スキちゃん、スキちゃん、スキスキスキちゃん」にしていますが

曲が終わると、メンバーが手を繋いで挨拶、左右に手を振って下手から退場
特に1回目は一気に駆け抜けた感じで、あっという間の約1時間50分
本当に、楽しい楽しい時間でした


星まとめ
1回目公演が終わった直後に最初に出てきた感想は、
これを待っていた!
でした
春のアルバムイベントがライブサイズではあったけども、やっぱり待ちに待ったツアーです
ただ、この日に至る道のりは決して平坦ではありませんでした
いや、まだまだ厳しい道のりは続いています
とにかく、メンバーもファンも待ちに待ってはいたけれども、期待と共に不安も感じていました
それら様々な想いが、1回目の最初の曲で一気に爆発
その勢いのまま2時間近くをノンストップで走り抜けて出てきたのが、前述の感想でした
本当に素敵だった2時間×2でしたが、ちょっとだけ詳しくいろいろみていきたいと思います


○まずは、セットリストについて
全体的には、シングル中心で間に新曲やカバーメドレー、そしてハロプロ研修生披露が入っている構成
そして、やっぱり特徴的なのは、シングルを除く1stアルバム曲がまったく入っていないことでしょう
(「シューティングスター」はオープニングVTRでアレンジBGMとして使われていますが)
1stアルバムはやはり初期4人体制のイメージが強いので、新生スマイレージを押し出すために外したのだと思います
今回は、その方針はいいと思いますが、1stアルバムは良曲が詰まっているので、次は上手く織り交ぜて欲しいと思います
シングルも、2期メンバー加入後発売の曲が全て入っています
それ以前の曲もそれなりに入っていますが、インディーズ曲は定番の「スキちゃん」1曲のみであり、後は「ショートカット」が入っていないのもあるのかな?
こちらも、やはり今の6人体制のイメージを押し出したいということなんでしょう

新曲は今回は3曲披露しましたが、どれもいいですね
特にオープニングの「私、ちょいとカワイイ裏番長」のぶちかまし感は最高でした
今後は徐々に新曲を増やしていくとのことですが、果たしてどこに入れるのか
途中に入っている2曲を回替わりにするか、その後のカップリングと入れ替えるか。。。
まあ、今後の楽しみということで
後、11月28日発売のニューシングル「寒いね。」も横浜公演から披露されます
これはアンコール明け差し替えかなという気がします
公演時間的には、1曲くらいなら増やしてもいいような気もしますけどね

メドレーはまさかのカバー曲のみで、途中にソロを挟むという構成でしたが、これはとても良かったですね
特に、2期4人のソロの選曲が抜群でしたね
今後は、残るあやちょかにょんのソロの回替わりがあると思います
たまたまか意図的かは分かりませんが、2期4人のソロはすべてモーニング娘。の曲だったので、初期2人もそうなるんでしょうか?
あと、全員曲も2曲回替わりがあります
今回の2公演で使われているカバー曲はすべて過去のシングルのカップリングに入っているので、後は「恋をしちゃいました!」「乙女パスタに感動」になるのかな

最後の「スキちゃん」はねえ。。。
ライブの締め曲って2パターンあると思うんですよね
盛り上がって終わるパターンと、感動系のパターン
スマイレージとしては、やっぱり盛り上がって終わる方が合ってると思います
でも、しっとりとして感動系も欲しいところ
もちろん、新しい盛り上げ系締め曲も
ニューアルバムにそういう曲があったらいいなと期待しています


○セット・衣装について
諸般の事情でセットが質素なのは、まあ仕方がない
でも、スクリーンを上手く活用していたと思います
最前列前の移動カメラなどの映像をそのまま流してメンバーのアピールを映したり、テロップをふんだんに使ったりしてました
衣装も6種類もあり、バラエティにも富んでいて良かったです
それだけ衣装があると、衣装チェンジのタイミングが困りそうなものですが、ハロプロ研修生のコーナーを挟んだり、待ち時間を感じさせない構成になっていたのが良かったかな


ハロプロ研修生について
このレポートを書いている途中で、ショッキングなニュースが入ってきました
スマイレージライブツアー2012秋〜ちょいかわ番長〜ハロプロ研修生 大塚愛菜に関するお知らせ
後述しますが、あやちょも怪我をしており、とても気になります
とにかく、つかぽんには、早く治ることを祈っています

ハロプロ研修生の出番については、まずまずいいバランスだったと思います
最初に「チャレンジアクト」という名前を聞いた時は、スマイレージと対戦的な絡みがあるんじゃないかと思っていましたが、完全に別でした
登場の順番も、スマイレージの出番を削ってという感じではなく、あくまで衣装チェンジの合間という印象
これなら、スマイレージファンも納得出来るんじゃないかと思います
私的には、もうちょっとトークでスマイレージと絡みがあっても良かったという気はしますが
ただ、新曲はマジで可愛いと思いました
CD化したら是非欲しいです

メンバーを個々に見ていくと、、、というほど観ることは出来ませんでした
出番は2曲だけだったし、バックダンサーの時は基本スマイレージメンバーを観てましたから
そんな中、やはりななみんは可愛かったです(笑)
そして、1人かりんについては、少し書きたいと思います

元々、ハロヲタ界隈ではそのパフォーマンスが話題になっており、ハロプロ研修生の中では1番の人気メンバーです
でも、イベントなどが関東のみのため、そのパフォーマンスをしっかりと観たのは今回が初めてでした
そして、観た感想は、噂に違わぬ、いや噂以上でした
ダンスのキレ、表情の作り方、客席煽り、はきはきとしたトーク
どれもとんでもないレベルです
しかし、
少なくとも今回のハロプロ研修生の中では、明らかに浮いていました
今回は決まったユニットとして出ている訳ではないから、あえてそうしたのかも知れません
でも、何と言うか、、、
ここ2年でモーニング娘。9期・10期、そしてスマイレージ2期のオーディションに悉く落選した理由が見えたような気もしました
おそらく、グループとして合わせる能力は持っていると思いますが、どこか嵌り切らない感じになってしまいそうです
今後、ハロプロ研修生から新ユニットという噂もありますが、それなら彼女を完全に1トップにするような形でないと厳しいかも
そうなると、後はソロでということになりますが、現状ソロデビューはなかなか厳しいですからね。。。
とにかく、何とか彼女の才能を活かす道を考えてあげて欲しいと思います


○各メンバーについて
めいめいは、やはりソロの印象が大きかったですね
それ以外にも、各曲でゆうかりんのパートを引き継ぐことが多く、重要なパートを任されています
それら様々な曲で、歌い方や表現を切り替えて、幅広さを見せてくれました
トークが少ないためそこでのうるささは見せられませんでしたが、曲中での客席煽りや移動カメラへのアピールなど、ステージパフォーマンスが凄く上達したなと思います

りなぷーは、結局マイペース
ツアータイトルの「ちょいカワ番長」のイメージはあまり出せていない、というか出す気がない?と思わせます(笑)
でも、ソロの「歩いてる」やトークなどで見せる独特な世界観が、やっぱり彼女の魅力なんだなと思いました
あとは、やっぱり一発ギャグでしょうか
でも、あのスベリ方も、慣れればきっといい味になりそうですね、彼女の場合(笑)

タケちゃんは、パワフルな歌とダンスが特徴ながら、抑える時は抑えているのが分かりました
あと、歌い方が素直で癖があまりなくて、凄く聴き心地がいいなと思いました
ソロ曲は元気系でしたが、出来ればめいめいのようなマイナーな歌い上げる系をやって欲しかったかな
トークでは結構ガヤ担当気味だけど、主にかにょんに弄られる、愛されキャラなところがいいですね
彼女は若干ぽっちゃり系に見られがちだけど、後半の高露出衣装では見事なくびれが見られます
本当は脂肪なんだろうけど、何故か筋肉質に見えてしまうのは、やはりスポーツキャラだからかな(笑)

かななんは、とにかく歌とダンスの上達が目に見えてはっきりと分かりました
もちろん、上手いというレベルでは決してありません
そして、おそらく必死に付いて行こうとしているんだと思いますが、それをなるべく見せないように出来る限り笑顔を客席に振りまいていたのが印象的でした
ソロは本当に震えるほど素敵でした
この日は家族や友達が観に来たそうで、きっと幸せな1日だっただろうなあ

かにょんは、何と言っても1回目のラストMC
半分になってしまった初期メンバーとしての想い、誇りと責任感、期待と不安、絶望と希望
あんな小さい体に、想像もつかないほどの大きなものを抱え込んで頑張っている姿を見ると、本当に尊敬するし、頭の下がる思いです
これからも全力で応援していこうと、あらためて決意しました
歌とダンスは本当に安定しています
様々な想いをぶつけるかのような、気合いの入ったパフォーマンス
でも、決して雑にならず1曲1曲1フレーズ1フレーズとても丁寧にパフォーマンスしていました
次の公演ではソロを披露すると思いますが、いったいどんな楽曲で、どんなパフォーマンスを披露するか楽しみです
私が今後参戦するのは千秋楽の名古屋公演なので、そのどちらかに回が合うといいんですが
そして、あやちょの怪我で、しばらくは負担が増えるとは思いますが、他のメンバーやスタッフに相談しながら何とか乗り切って欲しいです

あやちょ
ライブ直後のブログにもありましたが、右足首を捻挫していることが発表されました
スマイレージ ライブツアー2012秋 〜ちょいカワ番長〜 和田彩花に関するお知らせ
2回目公演のどこかで足を捻ったそうですが、全然気づきませんでした。。。
気付かせないくらい、しっかりとパフォーマンスをしていたのでしょう、痛みを堪えて
怪我については、焦らずに完治させることを第一に考えて養生して欲しいです
フォーメーション変更など、他のメンバーに多少苦労を掛けることになりますが、お互いに助け合って良いものを作り上げていくのが、グループなんで、あまり気にしないようにしてほしいな
さて、歌はずいぶん安定してきていますね
声量は少し足りていませんが、以前のようなブレがほとんど無くなったように思いました
ただ、おそらく喉はあまり強い方ではないと思うので、ツアー千秋楽までキープ出来るといいかな
ダンスは長い手足を活かしたしなやかさは健在
ドットビキニ」の間奏の振りとか個人的には好きですね
そのダンスは、しばらくは封印になりますが、今は我慢して完治してからまたそのしなやかで格好良いダンスを魅せて欲しいと思います


最後に
自分にとって一番大事なことは何か、
それは、“楽しいかどうか
そして、今回のライブは間違いなく、“楽しかった”です
参戦して本当に良かったと思います

今回のツアーは始まる前から波乱含みというか、いろいろとあり、これからもあると思います
そんな中で、一人一人のファンは、自分の立ち位置というか、どのようにスマイレージを応援していくかを再確認することになったと思います
ファンの1人である私も再確認しました
その結論は、とにかくスマイレージを目一杯“楽しむ”ということ
私が参戦する最終日11月10日の名古屋公演はどのように迎えることになるかは分かりませんが、
とにかく、スマイレージを楽しみたいと思います
posted by クレア at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック